APJ Media合同会社金融商品取引業者投資助言・代理業 近畿財務局長(金商)第408号 一般社団法人日本投資顧問業協会 会員

配当収入だけで生活できたらいいな…

資産形成するために投資をしたい…

でも、どの株を買えばいいかわからないあなたへ

配当金だけで生活することを目指す

※商品提供サイトにてPDFでご提供いたします

Oxford インカム・レターは配当投資に特化したニュースレターで、月末にあなたへお届けします。このニュースレターの目的は1つ。配当収入だけで生活できるようになってもらうことです。

自分が働かなかったら収入が全く入ってこない…

頑張って稼いでもその分使ってしまうので、お金が貯まらない…

老後資金が用意できなさそうで不安…

そんな状態から

働かなくてもお給料以外に年100回以上の収入源を得られる

お金を使ってもその分以上の配当が入ってくる

老後の資金も着々と溜まっていき安心できる

そんな生活をあなたに送っていただくことが目的です。

*2021年9月時点

Marc Lichtenfeld

マーク・リクテンフェルド

米Oxford Club

チーフ・インカム・ストラテジスト

Oxford インカム・レターを毎月執筆し、あなたへお届けするマークは、世界中に8万人以上、日本だけでも1万3,000人の有料購読者を抱える、米国Oxfrod Cubのチーフ・ストラテジスト。彼は年平均12%以上のリターンを目指す戦略を使い、顧客の資産を増やすことで…「稼いで使って、稼いで使って」の繰り返しから、「来月もまたお金が入ってくるな」という状態への変化…経済的な自立を達成させてきました。

彼は25年以上の株式市場キャリアの中で、ウォール街で最も成功している企業の1つでアナリストとして働き、毎日、1回の取引で億単位のトレードをしてきました。取引をするだけではなく、同時に彼はリサーチ部門を率い、彼の仕事はフォーブス、ブルームバーグ、ウォールストリートジャーナルに取り上げられ、CNBCニュースにも頻繁に、投資の専門家として出演しています。さらには退職後の戦略について書いた2冊の本、「Get Rich With Dividends」「You Don’t Have To Drive An UBER in Retirement」はAmazonでベストセラーに。アメリカの金融リテラシー研究所から2回、表彰を受けた経歴を持ちます。


彼は、いくら「これはいい投資先だ」と思っても、1つの投資先だけに絞るということは絶対にしません。マークは数いるアメリカのアナリストの中でも、かなり保守的なんです。彼は長期投資に向いていて、安定して配当金がもらえる…そんな優良企業をたくさん「ポートフォリオ」として組み込むことにより、安全性を高める投資を推奨しています。

毎月のニュースレターが届いたら、あなたがやることはたったの3ステップ。

たったこれだけです。株式投資というと、チャートを見たり、決算書を見たり、四季報を読んで勉強したり…売って買ってを繰り返さないといけないイメージがあるかもしれません、朝起きて、チャートをチェックして「買いか売りか?」を判断。お昼休みにスマホをチェックして「ああ、また下がった」「今度は上がった!」と一喜一憂、家に帰ってからもパソコンでチャートをじーっと見つめる…もし、心からそれが楽しめる人ならいいですが、きっとあなたは本業で忙しいでしょうし、家族とご飯を食べている時もケータイやパソコンで株価をチェックするような、本末転倒なことはしたくないですよね。


「Oxford インカム・レター」は、株式投資の専門家であるマークと彼が率いるリサーチチームがあなたの資産形成に役立ちそうな情報を、あなたの代わりに探し出し、あなたの代わりに読み込み、その情報をプロの視点から考察し、その情報から今後どうして行けばいいのか?も全てわかるニュースレターです。毎月届くニュースレターでは、一般的な投資家が目にすることもない企業分析の仕方や、日本では聞いたこともないようなビジネスモデルを持った企業の解説があり、「買い」か「売り」かの具体的なアクションプランも教えてくれます。

2020年5月号で紹介しているのは、今年で設立から173年を迎える投資銀行。銀行と聞くと、お金がない人には厳しい…そんなイメージがあるかもしれせんが、この銀行は違います。2009年に経済危機に陥ったギリシャ、内乱で財政がぐちゃぐちゃになったウクライナ政府の支援を進んで行い窮地から救っています。そんな姿から「無一文のための銀行家」とも呼ばれています。

配当利回りは2021年9月30日時点で4.1%と、日本のメガバンクの一般的な定期預金の金利0.002%と比較すると、脅威の2,000倍以上。さらにこれまでの配当金と、株価の上昇によって得られた利益の合計は、96%超え。(9月17日時点)しかも、リスクを発見・分析・対処する独立した部門も抱えていて、リスク管理にも余念がありません。日本のメガバンクに預けているお金の一部を、こちらに投資してみるのはいかがでしょうか?

※ただし、株は銀行預金と異なり、元本割れのリスクがあります。

また、配当は減配・配当停止のリスクを伴いますし、将来の利益を保証するものではありません。

例えば、2020年6月号で紹介しているのは、米国最大級の事業開発会社。主にスタートアップ企業やベンチャー企業への投資を行い、その投資先の企業が大きく成長し、上場したり、事業売却をすることで利益を得るビジネスモデルです。

この企業の配当利回りは2021年9月30日時点で8.07%。高い配当金を私たちに出してくれるのですが…これには、アメリカ政府が認めたある「カラクリ」があるんです。その秘密の「カラクリ」(もちろん合法です)をこの企業は利用していて、過去10年間の平均配当利回りは9.3%以上。これからも安定した高配当を私たちにもたらしてくれることが狙える企業です。

※将来の利益を保証するものではありません。

さらに、2020年12月号で紹介しているのは、北米最大級のエネルギー会社。この企業は風力発電や太陽光発電による再生可能エネルギーを生み出し、1,200万人もの顧客に電力を提供しています。

環境に配慮しながらも、しっかりと利益を出しており、配当利回りは2021年9月30日時点で6.7%。さらに、この企業は24年間連続で増配をしており、今後も増配を続けると発表しています。また、この企業は2050年までに炭素の排出量を0にすることも約束しているので、6.7%の高配当収入を受け取りながら、社会貢献も出来るんです。もしあなたが「お金と時間がもっとあれば、ボランティアをしたい。でも配当収入も欲しい」そう思われているなら、ピッタリの株です。

※将来の利益を保証するものではありません。

Oxford インカム・レターでは企業のレポートを、アメリカだけにとどまらず、世界中の社会情勢やビジネス情報などにも詳しいマークがまとめてくれるので…ただ、いい株を知るだけではなく、「なぜその株に投資するべきなのか?」などのより深い情報が得られ、安心して、自信を持って株を持つことができるようになるでしょう。


そしてOxfordインカム・レターで推奨しているのはこのような「25種類」の企業の株を持つことです。そうやって投資先を分散することにより、リスクを下げる狙いがあります。もしあなたがこのニュースレターの内容に従って少しずつ株を買い足し、25銘柄を保有すれば、

があるということです。しかも米国株は日本の株とは違い、1株単位で購入することができます。


たとえば高配当で有名な花王の株価は、2021年9月30日現在で約6,600円ですが、購入は100株単位ですから最低でも66万円ほどの資金が必要になります。ですが、Oxfordインカム・レターで紹介している企業の株価は、安いものだと10ドル未満(1,000円未満)、高いものでも130ドル(1万3000円)程度から購入できその企業の株主になることができるため、25種類の企業の株主になるのに、はじめから数百・数千万の大金を用意する必要はありません。1,000円の株だけで25銘柄に投資できる場合、年間100回の配当収入システムを作るのに初期費用はたったの2万5,000円からでいいですし、配当金ももちろん受け取ることができるのです。

※別途証券会社の取引手数料が必要です。

すでに「配当収入だけの生活」への一歩を踏み出されている方からは、

こんなお声をいただいております。

アクティブに売り買いするより、高い配当金で豊かに暮らすのが最適解

今までは、値上がりする株の探し方がよくわからなかった。話を聞くと、米国株の配当金が高いということを知らなかったので非常に興味が出た。


ただ配当金が高いだけで購入するのではなく、会社を詳しく分析されている情報を教えてもらえるので安心して投資できる。


配当金収入で年間生活費をほぼまかなえるようにしたい。


アクティブに売り買いするのではなく、高い配当金で日々の生活を豊かにすることができる、余裕資金が少なくても多くてもこの配当金を増やしていく投資方法は最適解だと思う。少額からでもすぐに始めたほうが良いと思う。


40代 釜井 様

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

正直、購読するまで「騙されないかな?」と思っていました…

常にお金に悩んでいました。生活するのがやっとの暮らしでは、将来のことが不安で仕方ありませんでした。購読するまで、騙されないか、ちゃんとした物なのか調べたりしていました。自分がちゃんと活用できるのか、始めるのにもお金がなくてできないのではないかと悩みました。


でも、購読してからはとても良かったと思っています。手元資金が少ないのですぐにいろいろはできないけれど、毎月少しずつでも買えるので、地道にコツコツ頑張ろうと思っています。Oxford インカム・レターは妹と姪たちに勧めたいです。特にまだ10代の姪たちに、今のうちに始めておけばどれだけ将来楽になるのか伝えたいです。


40代 投資初心者 様

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

*Oxford インカム・レター購入者に対するアンケート(2021年9月30日時点)対象数:9,000名 

有効回答数:1,100件

さらに…今なら

今日、「Oxford インカム・レター」をお試し購読してくれたあなたには、特別レポート「極端な配当」レポートもセットでお渡しします。このレポートでは、投資金額の20%、40%、60%…そして100%以上の配当収入を狙う銘柄、「極端な配当」銘柄を3つ挙げてまとめたレポートです。


「100%の配当なんてあり得ないんじゃないか?」そう思うかもしれません。でも、これを聞いてください…

※商品提供サイトにてPDFでご提供いたします

アーリントン・アセット・インベストメント社

この銘柄は40.2%の配当を生み出しました。

2010年にこの株を100万円で購入していた人は2018年、1年間に40万2850円の配当を受け取りました…

※過去のデータを基にシミュレーションした結果であり、将来の利益を保証するものではありません

ナチュラル・ヘルス・トレンド社

この銘柄は88.4%の配当を生み出しました。

2014年にこの株を100万円で購入していた人は2018年、1年間に88万4000円の配当を受け取りました…

※過去のデータを基にシミュレーションした結果であり、将来の利益を保証するものではありません

ノベーション・カンパニーズ社

この銘柄は203.5%の配当を生み出しました。

2002年にこの株を100万円で購入していた人は2007年、1年間に203万5040円の配当を受け取りました…


※過去のデータを基にシミュレーションした結果であり、将来の利益を保証するものではありません

これらはいずれも、「極端な配当」を出した銘柄です。これから大きな配当を出す準備をしている株にあらかじめ仕込んでおき、成長し配当が増えに増えたタイミングで投資金額の60%、80%、あるいは100%以上の極端な配当を狙う…これがそのカラクリです。


しかし既に、先ほど申し上げた企業は成長してしまっているので、今あなたが手に入れたとしても、この極端な配当を手にすることはできません…。でも、もしこんな銘柄がわかっていたとしたら、あなたも「投資しておけばよかった…!」と、そう思いませんか?そんな極端な配当を出す可能性のある銘柄を3つピックアップし、レポートにまとめました。それが「3つの極端な配当株」レポートです。


これらの銘柄は今後数年にわたって配当を増やしていくと考えられるので、これから先、20%、40%、60%…そして100%以上の極端な配当を受け取ることが狙えます。今のうちに仕込んでおくことも検討してみてください。

※将来の利益を保証するものではありません

まだあります。

米国に上場している3,000以上ある配当株のうち、安定した配当を支払っているのはその中でもごく少数です。このレポートでは、さらにその中でも安定性の高い高配当な企業の株を紹介しています。というのも、、、この企業は非常にユニークなんです。


利益の90%を配当としてもらえる「仕組み」があるから


そんな仕組みが本当にあるの?何かウラがあるんじゃないの?もしかしたら、そう思われたかもしれません。ですが、これは法律で決まっているルールなんです。

※商品提供サイトにてPDFでご提供いたします

一般的な企業には「利益のうち、いくらを配当金として支払なければならない」ということが法律によって決まっていません。なので、「今は景気が悪いから配当を無くそう」と考えて0にすることもできますし、「今は景気がいいから配当金は利益の40%にしよう」とすることもできます。


しかし…この「安定した高利回りが狙える配当株」は違います。利益の90%以上を株主へ絶対に支払わなければならないのです。


なぜかというと、利益の90%を配当金として株主へ支払わなければならないかわりに法人税を免除してもらっているのです。だから、投資した私たちは景気がどうなっているかにかかわらず、出た利益の90%を配当金としてもらえる、ということなんです。実際、この「安定した高利回りが狙える配当株」の配当利回りは9月30日時点で8.25%。日本株で高配当というと、4%程度なのでその2倍以上。しかも、1998年から23年以上持続的に株主への配当を増やしています。だから、これからも安定した高利回りが狙えると考えられるわけです。

さて…具体的な高配当米国株を集めたポートフォリオや、個別銘柄のフォローアップ情報が届く、資産を堅実かつ安定成長させるための月刊誌「Oxford インカム・レター」。このニュースレターにあなたはどのくらいの価値を感じますか?

毎月届くニュースレターを見て、株を買う。

年間100回以上の配当…不労所得を得て、それをまた再投資する。

老後は年金・仕事だけに依存せず、自分には配当という副収入が持てる…

これが…年間たったの9,800円(税込10,780円)です。月額ではありません。年間です。1ヶ月あたり、800円ほどです。本屋さんに売っている、投資本の約半分の値段です。たったこれだけの値段で、「Oxford インカム・レター」を今日手にすることができるのです。


さらにもしあなたが今日投資家として一歩を踏み出されるなら、最高のスタートダッシュを切っていただけるように追加で2つお渡ししたいものがあります。

「そもそも米国株がよくわからない…」きっとあなたもそんな悩みを抱えているのではないでしょうか?


周りに株をやっている人もいないでしょうし、頼れる人もいないでしょう。一体、何から手をつけたらいいかわからない…


でも、安心してください。「Oxford インカム・レター」で配当をすでに受け取っている人の多くの方も、はじめはそうでした。そんなあなたのために、配当収入を受け取るまでのステップや、ニュースレターの読み方を具体的にフォローしている、「米国株配当投資入門」という3時間のセミナーコンテンツもプレゼントします。


もっと詳しい内容は…

資産形成ピラミッドで利益の最大化を目指す方法

なぜ、証券会社のプロに任せた投資信託では儲からないのか?

配当投資において、株価暴落がチャンスになる理由

ドル円の為替リスクを回避する方法

一株あたりの損失を1%に抑える、独自の1%ルール

など、これを見ることであなたが配当収入システムを手にし、より効率よく利益を手にする方法を身につけることができるでしょう。


まずは、ニュースレターを片手に、これを見てください。何度も見返すことで、理解が深まっていくと思います。

※効果を保証するものではありません

そして…

「配当投資って、他の投資と何が違うの?」

「マークさんは何を基準に配当株を選んでるの?」

「なんでマークさんの選んだ企業は配当金を安全に出し続けてくれると言えるの?」


この質問は、私たちがよくいただく質問の1つです。もしかしたら、あなたもそう思うかもしれません。でも、この動画を見ればその疑問は解消されるでしょう…この動画シリーズは、「毎月、生活費を超える配当収入を狙う 高配当ポートフォリオの作り方」というコンセプトで、これから米国株配当投資家への一歩を踏み出したあなたへ、配当収入で不労所得を作っていくためのロードマップをお伝えします。


このビデオの一部をご紹介すると…

ただ高配当なだけじゃダメ!?良い配当株と悪い配当株の違いとは

日本人が知らない、2%の配当利回りを20%に変える秘密の方法

絶対に手を出してはいけない高配当株の見分け方

株価が下落したときにお金を稼ぐ方法(空売りは必要ありません)

配当投資は個人投資家にチャンスがあるワケ

などなど…マークさんの配当投資のイロハが詰まったこのビデオシリーズ。まだ株をやったことがなくても、これを見るだけでワクワクしてくると思います。今日、Oxford インカム・レターをご購読してくださったあなたにはこれも合わせてお渡しします。

さらに…これだけではありません。

Oxford インカム・レターは、毎月ニュースレターが届く配当投資情報。しかし…残念なことに、日本は投資に関して、詐欺のような話が絶えません。実際、高い教材を買わされただけで中身のないものをつかまされた話は枚挙にいとまがありません。


あなたの周りにも甘い言葉に乗せられて投資を始めてみたものの、いざ始めて見ると思った通りにいかず損をしてしまったという人がいるかもしれません。もしそうだとしたら、このような投資の情報を見て、「いいな」と思ったとしても、同時に「本当に大丈夫かな?」と少し不安になってしまう気持ちになってしまうかもしれません。その気持ちはとてもわかります。


なので…この「Oxford インカム・レター」ではお申し込み日から30日以内であれば無条件で全額返金させていただく、全額返金保証を付けました。


今日から30日間は、お試し期間です。つまり、ニュースレターの中身を自分で確かめてみてから、購読し続けるかどうかを決められるということです。もし、「投資をできない事情ができた」とか、「配当が得られる未来が見えない」とか、どんな理由でも構いません。support@apj.mediaへメールを一本くだされば無条件で全額返金させていただきます。


もちろん、購入から最低3ヶ月続けなければならないなど、よくある化粧品・美容品、健康食品などの定期便サービスのような縛りは一切ありません。


購入から最低3ヶ月続けなければならないなど、よくある化粧品・美容品、健康食品などの定期便サービスのような義務を負う必要はありません。


でも…「なぜ返金保証をつけるんだろう?」と思われたかもしれません。この「Oxford インカム・レター」には、具体的な銘柄と戦略がしっかり書いてあります。それなのに30日以内に全て返金すると言われると、「何か裏があるのではないか?」そう思われるかもしれません。「一回見られたら終わりなのではないか?」と思う人もいるかもしれません。でも、返金保証をつける理由は簡単です。百聞は一見にしかずだからです。一度、この「Oxford インカム・レター」をお試しして、その情報の質やボリューム、そしてワクワクを体験してもらえれば、あなたに必ず気に入っていただけて、来年も購読していただけるという、絶対の自信があるからです。裏があるとすれば、この自信です。なので、お気軽にお試しくださいね。

※商品提供サイトにてPDFでご提供いたします

Oxford インカム・レター

配当収入だけで生活することを狙います。

セット商品1:特別レポート「3つの極端な配当株」

投資金額の60%、80%、100%以上の収入を狙います。

セット商品2:特別レポート:安定した高利回りが狙える配当株

法律によって支えられた23年の増配実績に乗っかり安定的な配当を狙います。

これらを合わせて…たったの9,800円(税込10,780円)。


さらに…

特典1:米国株配当投資入門

投資経験ゼロからでも米国株配当投資が始められる、やさしい動画講座です。

特典2:マーク・リクテンフェルドによる配当株投資ビデオシリーズ

配当収入だけで生活するためにやるべき具体的なステップがわかります。

がついてきます。


月々に直すと、900円以下(税込 899円)。ちょっぴり贅沢なランチ代くらいから始められて…お申し込みから30日以内であれば全額返金をさせていただきますので、お気軽にお試しください。