APJ Media合同会社金融商品取引業者投資助言・代理業 近畿財務局長(金商)第408号 一般社団法人日本投資顧問業協会 会員

資産形成のために投資を始めたい…

これから大きく上昇する株を買って大きな利益を得たい…

でも、どの株を買えばいいかわからないあなたへ

急成長が期待できる企業の株を買って

リッチな生活を目指す

※商品提供サイトにてPDFでご提供いたします

Oxford キャピタル・レターはキャピタルゲイン(株価上昇による売却益)を得ることに特化したニュースレター。


紙ではなく、インターネット上のpdfで届く月刊誌です。創刊からおよそ30年の歴史があり、全世界で17万人以上(2022年8月時点)の定期購読者がいます。このニュースレターの目的は1つ。それは、あなたが投資を通じて大きなキャピタルゲインを長期的に得て、大きな資産を築くことです。

これからいつまで働き続けないといけないんだろう…

このまま給料を貯金し続けるだけで本当にいいのだろうか…

老後資金が用意できなさそうで不安…

そんなことを思う毎日から…

これだけ資産があるから、いつでも仕事を辞められる

こうやって投資をしていれば安定して資産が増えていきそう

着実にどんどん資産が増えていて老後も安心できる

そんな未来を手に入れていただくことが目的です。

※2022年8月時点

Alexander Green

アレクサンダー・グリーン

米Oxford Club

チーフ・インベストメント・ストラテジスト

Oxford キャピタル・レターを毎月執筆するアレクサンダー・グリーン(以下、アレックス)は、ウォール街で16年間、グローバル投資の専門家として活躍。


その後2001年にOxford Clubのチーフアナリストに就任してから、20年以上銘柄分析や投資家向けのニュースレターの執筆、発行を行なっています。

彼の強みは、株価の急成長が期待できる企業を早期に発見する分析力です。事実、彼は今では誰もが知っているような巨大企業が、まだ世間では全く評価されていない頃に見つけ出し、投資をしていました。


例えば…

2005年…創業後初の利益を計上してから3年しか経っておらず、株価も伸び悩んでいた頃のAmazon株に投資。

株価は308.4%上昇(2022年8月16日時点)

2005年…レンタルDVDを配達しているだけの頃のNETFLIX株に投資。

株価は15,066%上昇(2022年8月16日時点)

1996年…ジョブズ不在、倒産寸前の大赤字状態で株価が18セントの頃のApple株に投資。

株価は96,028%上昇2022年8月16日時点)

※分割調整済み株価にて計算

また、新型コロナワクチン開発の先行きが不透明な2020年2月にモデルナ株の購入を、いち早く米国の読者に推奨していました。


このように急成長する企業を見つける目利きの良さには驚かされますが、彼の分析した情報は、何も元々多くの投資資金がある人だけのものではありません。小さな資金で“安全に”大きく資産を築くための投資を推奨しています。

※モデルナの実績は、過去の推奨時点での株価を基にバックテストした結果であり、将来の投資成果を保証するものではありません。

毎月のニュースレターが届いたら、あなたがやることはたったの3ステップ。

たったこれだけです。


スマホやパソコンの画面に張り付いてチャートを監視する必要はありませんし、決算書を見たり、四季報を読み込んだりする必要もありません。きっとあなたは毎日忙しいでしょうから、こんなことはしたくないですよね。


「Oxford キャピタル・レター」は、成長株投資の専門家であるアレックスと彼が率いるリサーチチームが、あなたに代わって分析した情報を届けてくれます。金融のプロとして、あなたの代わりに優良銘柄を探し出してくれるのです。しかも一度推奨してくれた銘柄についても、まだ「買い増していい」のか、あるいは「売った方がいい」のか、などの具体的なアクションも教えてくれるので安心です。

2020年3月に推奨されたこの企業は、ドラッグストア経営などを主とする米国有数のヘルスケア企業です。

この企業が手がけるのはドラッグストア経営だけではありません。

医療費が非常に高い米国で、病院に行く経済的な余裕のない人、病院に行くほどでもないものの少し体調が気になる人に向けた簡易で安価な医療サービスとして店舗内に診療所を設置したり、処方箋を読み込むことで自社が経営するどこの店舗でも処方薬を受け取ることができるアプリの開発といったデジタル事業まで展開しています。それによって非常に多くの顧客を獲得しており、ヘルスケア業界において独自の地位を獲得しています。


実際、株価は推奨時から77.76%上昇していますが、今後もサービスの拡大による利益成長で、まだ株価が上昇すると予測されています。(米国時間2022年8月時点の株価をもとに計算)まだ、多くの投資家はこの企業を単なるドラッグストア・チェーンだと思っていて、注目が集まりきっていない今、この企業に投資してみるのはいかがでしょうか?

※将来の投資成果を保証するものではありません

2019年9月に推奨されたこの企業は、世界的な半導体メーカーです。

その取引相手は中国、米国のほか、マレーシア、タイ、フィリピン、日本、欧州 など多岐にわたります。

この企業は、現在普及しつつある5G対応ネットワークの中核となる最先端の製品を製造しており、またそれらの大半は自社で製造された独自のもので、競合に真似されることもなく、たとえ業界の半導体チップが不足しても自社の生産・販売に支障をきたしません。


この企業の株価は推奨時からなんと119.33%上昇しています。(米国時間2022年8月時点の株価をもとに計算)この企業の強みは、5Gの普及により拡大中の市場の中で、製品や販売リソース、顧客を既に確立していることです。なので、今後も市場でシェアを拡大し、それに伴って株価も上昇していくことが期待できるでしょう。5Gは家電のより一層の自動化など、今までSF世界のものだと思われていた技術を実現できると言われています。そして、その業界で最先端をいくこの企業に投資をすることは、あなたの将来の暮らしをより便利にすることへ繋がるかもしれません。

※将来の投資成果を保証するものではありません

2021年12月に推奨されたこの企業は、過去30年のヘルスケア市場の中で一線を画すデジタルヘルスケア企業です。

この企業が目指すのは「画像診断を世界中の誰もが受けられるようにすること」


がんの診断や胎児の状態を見るために使われる画像診断ですが、必要な設備は非常に高価で大掛かりになるため、それを揃えられる医療機関は限られています。

そのため、世界人口の約3分の2に当たる、47億人が「診断を受けたくても受ける権利すらない」という状況になっているのです。

しかし、この企業は画像診断に必要な…人より大きな設備を「手のひらサイズ」に小さくすることに成功しました。


この機器は、スマートフォンやタブレットに接続し、患者の身体に接触させるだけで、内臓の状態を確認できます。つまり、煩わしさもなく、時間もかからず、費用も少ない画像診断という、画期的なイノベーションなのです。実際、既にケニア、ウガンダ、メキシコなどで使われており、全米トップ100の病院でも採用されています。

また、この企業の創設者は米国における技術的功績に対する最高の栄誉である 「アメリカ国家技術賞」を受賞し、ビル・ゲイツが創設した財団はこの企業に投資をしており、「世界を変える企業」リストにも選出されています。


既に上場し、FDAからの認可も受けており、事業を拡大する礎はできていると言えるでしょう。実際、2022年4-6月期の売上高は前年同期比16.4%と増加しており、少しずつ成長してきています。

※将来の投資成果を保証するものではありません

このように、キャピタル・レターでは毎月、アレックスが選んだ最先端のイノベーション企業や安定成長が狙える企業など個別の企業を紹介しています。


また、それだけではなく、複数の銘柄からなるポートフォリオを作って、あなたの資産を守り、そして増やしていくための毎月のアップデート情報を提供しています。


キャピタル・レターが提供するのは、こんな3つのポートフォリオです…

ポート

フォリオ

#1

※画像はイメージです。商品提供サイトで提供いたします。

これから投資を始めようとされる方や、できるだけ安全に資産運用したいという方にもぴったりな、管理が簡単で保守的な長期投資の戦略をベースにしたポートフォリオです。


一度買ったらずっと持っておくだけ。どうしても現金が必要になる時まで売らずに持っているだけでいいので、投資初心者にもオススメです。

このポートフォリオは、10銘柄で構成されており、10銘柄それぞれに決められた割合ずつ投資をすることで、上げ相場の時でも下げ相場の時でも、資産を着実に増やしていくことを狙います。


つまり、晴れの日も雨の日も、資産を増やすことが狙える、いわば「全天候型」で、一度ポートフォリオを組んだ後は安心して「バケーション」にでも行ってしまえる、それが名前の由来にもなっています。


また、米国株式にだけ投資をするのではなく、金(きん)や債券など、株式市場の動きと相関性の低い動きをするようなものに分散投資できるようになっています。

大きなリターンを狙う2つのポートフォリオ

バケーション・ポートフォリオが保守的な長期戦略を取るのに対して、残り2つはより積極的で短期間に大きなキャピタルゲインを狙っていくポートフォリオです。

ポート

フォリオ

#2

※画像はイメージです。商品提供サイトで提供いたします。

これは3つのポートフォリオの中で、最もエキサイティングなものでしょう。


このポートフォリオは、まだ株価も低く、会社の規模も小さかった初期のアップルやアマゾン、ネットフリックスのように、大きなキャピタルゲインを狙っていくことができる株によって構成されています。


そもそもテンバガー・ポートフォリオという名前は、テンバガー、つまり株価10倍が狙える企業に投資するポートフォリオということです。実際に10倍になるのは簡単なことではありませんが、二倍三倍ならよくあることです。

※将来の投資成果を保証するものではありません。

例えば、バイオ医薬品企業であるマイオカーディア社(NYSE:MYOK)。

2018年12月、アレックスは急成長することを予測して、同社を「買い」と推奨しました。その後、2020年7月にFDA(アメリカ食品医薬品局)が同社の治療薬を「画期的な治療薬」に指定。その数ヶ月後、大企業に131億ドルで買収されたことで、株価は1日で57%も上昇しました。


アレックスは、この企業を紹介してから、4倍以上にまで株価が上昇した2020年12月に売却推奨をして、利益を確定させました。

※過去の実績であり、将来の投資成果を保証するものではありません。

ポート

フォリオ

#3

※画像はイメージです。商品提供サイトで提供いたします。

これはバケーション・ポートフォリオとテンバガー・ポートフォリオの間のリスクとリターンを狙っています。


テンバガーのように劇的な成長を狙っていくよりは、ある程度成熟しており、堅実な成長が見込める企業を中心として構成されているポートフォリオです。


そのため、より着実な株価上昇が期待できます。

例えば、電子メールアカウントとインターネットを利用した決済サービスを提供するペイパル社 (Nasdaq: PYPL)。日本国内でも、この企業のサービスを利用している人は多いと思いますが、2020年3月、アレックスはこれから株価が上昇すると予測して、同社を「買い」と推奨しました。その後、株価はどんどん上昇していき、2021年4月に売却推奨。1年間で153%の利益を記録しました。

※過去の実績であり、将来の投資成果を保証するものではありません。

2022年8月号では、Oxfordアクティブ・ポートフォリオにある銘柄は全部で6銘柄。8月号を執筆した時点では4個はプラスのパフォーマンスになっています。1番値上がりの大きいものは、先ほどご紹介したヘルスケア企業の87.36%。残念ながら値下がってしまったものの中には-3.77%になっているものがあります。


もう1つのOxfordテンバガー・ポートフォリオですが、こちらも同じく2022年8月号の時点で6銘柄あります。

そのうち1番値上がりの大きいものは、先ほどご紹介した半導体メーカーの119.33%。

残念ながら値下がってしまったものの中には-60.68%になっているものがあります。


投資に「絶対」はありませんので、このように中には一時的に値下がってしまう銘柄もありますが、Oxford キャピタル・レターは今後、数年、数十年で株価が大きく上昇していく可能性がある銘柄を狙っていくものです。


実際、このような銘柄でも分析の結果、今後大きく伸びていくことが期待でき「買い」と推奨されているものがありますので、株価が下がっているうちに買えるチャンスとも言えます。

※将来の投資成果を保証するものではありません。

あなたが今日、Oxford キャピタル・レターをお試し購読されたら、これらポートフォリオの中から気に入った銘柄をいくつか選んで、投資してみてください。


また、Oxford キャピタル・レターは、米国の投資ニュースレターの格付け機関である「ハルバート・ファイナンシャル・ダイジェスト」から、過去15年もの間、

に格付けされていました。


この会社は2005年に、米国の株価を表す「ダウ平均」を発明したダウ・ジョーンズ社が買収した、権威ある機関ですので、Oxford キャピタル・レターの伝統と実績が示されていると言えるでしょう。


そして、すでにこのOxford キャピタル・レターをご活用いただいているお客様からは、このようなお声をいただいています。

プロが銘柄選定を毎月行ってくれる

投資によって得た利益で生活費をまかない、子や孫に資産を残すことを目指して、株式投資を始めました。しかし、金融、経済のプロでない個人が、企業分析をしてキャピタルゲインを得る難しさを痛感していました。偶然でなくキャピタルゲインが得られる可能性がある企業に投資しようとするとき、プロでもない個人ができることは少ないし、それだけの時間もありません。


ですが、このサービスは、銘柄選定の明確なコンセプトがあり、プロがそれを行ってくれて毎月知らせてくれるという安心感と信頼感があります。


30代 カタヤマタカハル様

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

「買い」も「売り」のタイミングも教えてくれる

年齢もあり、手持ち資金は目減りさせたくない。

一方で、お金がないために、いろいろな事をあきらめるのは、若い時にはできても、高齢になると辛い…だから、少しでも資産を増やしたいと思っていました。

ただ、どの様な銘柄に投資したら良いか分からないというのが正直なところでした。


そんな中、Oxford キャピタル・レターに出逢い、すぐに購読を決めました。


・米国で20年以上前から多くの人に購読されている実績。

・とても分かり易く、内容が充実している(とても良く調査してある)ポートフォリオがあること

・年間の購読料が手ごろ。(あまり高いと良い内容でも購入を考えてしまう)


などが決め手でした。


実際に活用してからは、銘柄を“買い”推奨して終わりではなく、“売り”の指示もいただけるので株を手放す時も安心感があります。まだまだ、自分も勉強中のため、周りにも強く勧めていませんが、子供たち(30代)にはOxford キャピタル・レターのことを話しています。


60代 koteko様

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

知らない銘柄もたくさん紹介されているところが素晴らしいと思っています。

最終的には投資で生計を立てられ、自分の好きなジャンルを仕事や趣味として発信できるようになるのが目標で、投資を始めました。


Oxford キャピタル・レターで紹介している銘柄は成長間もない割安のうちに仕込むことができ、購読料金が市販で売っている投資本を毎月購入するのと同等の金額だったため購読しようと思った。実際、知らない銘柄も多数含まれていて自分で見つけ出すのが難しい銘柄をご提案してもらえるところが素晴らしいと思っています。


投資と言うと怖い、リスキーなどネガティブなことを想像する方が少なくありません。

ただ、リスクを取らないと増えないと思えるようになってから、リスクとうまく向き合おうと言う気持ちになれました。


40代 まり様

※個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

※2021年9月にOxford キャピタル・レター購入者6799名を対象にアンケートを実施。有効回答数463名様のうち、3名様の回答を紹介

さて…急成長が期待できる具体的な銘柄を集めたポートフォリオや、個別銘柄のフォローアップ情報が届く、資産を堅実かつ安定成長させるための月刊誌「Oxford キャピタル・レター」。


このニュースレターにあなたはどのくらいの価値を感じますか?

毎月届くニュースレターを見て、株を買う。

狙い通り株価が上昇したら売って、資産を増やす。

その資産で、余裕のある豊かな生活を送る。

このための、信頼できる情報が毎月たったの899円(税込)で手に入ります(年間購読なので9,800円(税込10,780円)です)。たったこれだけの「投資」で、毎月、世界のプロからの分析情報が受け取れるのです。


さらに、もしあなたが今日投資家として一歩を踏み出されるのなら、最高のスタートダッシュを切っていただけるように追加でもう1つ、お渡ししたいものがあります。

無料

特典

「そもそも米国株がよくわからない…」

「周りに株をやっている人もあまりいない…」

「一体、何から手をつけたらいいかわからない…」


もしそう思ったとしても、安心してください。「Oxford キャピタル・レター」で資産形成を始めた多くの方も、はじめはそうでした。そんなあなたのために、最初の一歩を踏み出すためのステップや、ニュースレターの読み方を具体的に解説している、1時間半の動画セミナー「スタートアップガイド」を無料プレゼントします。その内容は…

※商品提供サイトにて動画でご提供いたします

投資用語や基本的な投資の仕方の解説

米国株投資をするにあたっての心構え

ニュースレターの具体的な活用のヒント

3つのポートフォリオの詳細な解説

リスクを最小限にするための投資戦略

などです。これを見ることで、迷いなく米国株投資を始めて、資産形成をスタートしていただくことができるでしょう。

※効果を保証するものではありません

ニュースレターを「お試し」購読いただいたら、まず初めにこの無料動画をご覧ください。

さらに…これだけではありません。

お申し込みから30日間、安心のお試し購読「Oxford キャピタル・レター」を試しに読んでみてください

「Oxford キャピタル・レター」には、安心してお申し込みいただけるよう、お申し込み日を起算日として、30日以内であれば無条件で全額返金させていただく全額返金保証が付いています。


つまり、ニュースレターの中身を自分で確かめて、特典の動画や特別な分析レポートを実際に見て、これまでニュースレターで紹介してきた株の成績がどれくらいだったのかを見てから、購読し続けるかどうかを決められるということです。


万が一、「これで資産が増える気がしない」、「余裕のある豊かな将来が描けない」、など、ありましたら、カスタマーサポートsupport@apj.mediaへメールを一本くだされば、すぐに購読は停止し、購読料も全額返金させていただきます。


もちろん、購入から最低3ヶ月続けなければならない、などの縛りは一切ありません。

返金保証をつける理由は簡単ですあなたにワクワクしてもらえるという自信があるからです

この「Oxford キャピタル・レター」には、具体的な銘柄と戦略がしっかり書いてあります。にもかかわらず、私たちは「全て読んだ後でも」返金を受け付けています。


理由は簡単です。私たちは自信があるからです。


一度、この「Oxford キャピタル・レター」をお試しして、その情報の質やボリューム、そしてワクワクを体験してもらえれば、あなたに必ず気に入っていただけるという絶対の自信があるからです。


とはいえ百聞は一見にしかず。一度試してみてください。

まとめると...

※商品提供サイトにてPDFでご提供いたします

Oxford キャピタル・レター

株価上昇による利益で資産を長期的に形成することを狙います。

特典:スタートアップガイド

投資経験ゼロからでも米国株投資が始められる、やさしい動画講座です。

Oxford キャピタル・レターにスタートアップガイドの特典までついて、たったの9,800円(税込10,780円)。


月々に直すと、税込899円。1回分のランチ代程度で購読できます。お申し込みから30日以内の全額返金保証付き。お気軽にお試しください。