APJ Media合同会社

投資助言・代理業 近畿財務局長(金商)第408号

一般社団法人日本投資顧問業協会 会員

米国で毎月6万8000人以上、日本で6000人以上が購読

高配当の米国株投資のデジタル専門誌

配当収入だけで全ての生活費をまかなって、

経済的に余裕ある自由な人生を目指すには?

※画像はイメージです。

Oxford Club JapanのWEBサイトでpdfや動画として配信されます。

そのほかにも、急成長して株価が大きく値上がりするものや、着実に安定成長している「資産株」など、その企業の業種や業績、規模や社歴などによってさまざまな特徴があります。

株の中には、持っているだけで配当をくれるものがあります。

Oxfordインカム・レターのゴールは、それらの株をうまく組み合わせることで、あなたが配当収入だけで全ての生活費をまかなって、経済的に余裕ある人生を送れるようサポートすることです。うまくやれば、配当だけで年収1000万円の収入だって狙えます(動画講座でそこに至るまでの道筋を解説しています)。

もちろん明日からすぐにそうなるわけではありませんし、いつ、それが実現するかは、今あなたがどれくらい投資のために資金を用意するかにもよります。あなたがイメージする“生活費”がいくらなのかということにもよりますね。

それに、、、そもそも僕達は株式投資をすべての人におすすめしているわけではありません。Oxford Clubはギャンブルのような一攫千金を狙う人のものではありません。ですから、そういう一発逆転の儲け話を求める方にご提供できるものは何もありません。

実際このような配当を手にするには、人にもよりますが多少の期間と、学習が必要だからです。

でも、おそらくこれを読んでいるあなたはきっと、毎月収入があり、コツコツ貯金もしていて、将来のために投資も考えている(あるいはすでに投資をしている)という、堅実な人なんじゃないでしょうか。そんなあなたであれば、おそらく僕たちのコンセプトを気に入ってもらえるんじゃないかと思っています。

Oxfordインカム・レターのパッケージには、あなたが米国株の高配当投資で成功するための知識をしっかり基礎から学べる動画講座がついてきます。

※効果を保証するものではありません

人と違った結果を狙うために、日本株ではなく「強い米国株」に仕込んでいきます。アメリカの株?ちょっと難しそう?そう思われたかもしれませんが安心してください。米国株も日本株と同じように、ネット証券から普通に取引することができて簡単ですし、英語が読める必要はありません。そんなことよりも大事なのは、米国株の「強さ」です。

これは過去40年の日本の株の値動きを示す、日経平均株価のチャートです。

日本の株は1991年のバブル崩壊直前に最高値をつけましたが、その後低迷しています。投資の基本は、優良企業の株を買って、長期間持っておくということですが、このチャートを見る限り、日本株に投資していてもあまりその方法は報われないと感じてしまいます・・・

「株は難しい」と言われる背景には、このような日本株自体の低迷があるんじゃないでしょうか。もちろんぼくも日本人として、この先日本の株も頑張って欲しいという思いはあるものの、実際の個人の資産形成を考えると、日本株を中心にやるのは辛いなぁと思ってしまいます。

一方これは、米国、NYダウのチャート。短期的な浮き沈みはあるものの、長期的にはずっと右肩上がりで株価上昇を続けています。

両者のチャートを重ねてみると、こうなります。下のグラフを見てください。赤い線が米国株。水色の線が日本株。どっちが資産形成に有利な値動きかは一目瞭然じゃないでしょうか?

強い米国株を資産形成のベースに置き、極端な結果を狙っていきます。

※出典:Yahoo finance

https://finance.yahoo.com/

※出典:Yahoo finance

https://finance.yahoo.com/

※出典:Yahoo finance

https://finance.yahoo.com/

雪だるまを作るのと同じです。まずは手のひらで雪の玉を作ったら、それを雪の上でコロコロ転がしていく。そうすると最初に作った雪の玉がどんどん大きくなり、もとの何倍の大きさにもなる。そうやってカネでカネを作っていくわけです。(労働して稼ぐのではなく、金を使って金を稼ぐのが投資です)

これがアインシュタインが「人類最高の発明」と言ったと噂される、複利効果です。100万円を銀行に30年預けていてもほとんど増えませんが、100万円を10%年複利で30年間運用すれば、計算上、30年後には17倍の1744万円に増えます。

複利のパワーを利用すれば、小さな資金を大きくすることが期待できます。

基礎を身に着けたら、応用編として上級テクニックを組み合わせることで、一気に「大胆な成果」を狙っていきます。どのような資金配分で、どのような戦略を立てればいいのか?実際の数字を見ながらシミュレーションするので、配当年収1000万円を現実のもの、近い未来のものとして感じることができるでしょう。

この動画講座は、米国株配当投資で資産形成をするための専門の月刊誌 Oxfordインカム・レターのセットです。

動画講座で学ぶのは、米国株投資の基礎や配当年収1000万円をどのように実現するのかといった知識や戦略の部分。

Oxfordインカム・レターでは、それを具体的な実行に移すための、「具体的な投資先銘柄」を提供しています。

株や企業分析の専門でもないほとんどの人は、どうやっていい株を見つければいいんでしょうか?

短期間で大きく値上がりする可能性のある株をどうやって見極めればいいんでしょうか?

安心して持ち続けられる優良株をどうやって選べばいいんでしょうか?

いつ、いくら買えばいいんでしょうか?

いつ、売ればいいんでしょうか?

そういったことを、株や企業分析のプロがあなたの代わりに分析して、毎月教えてくれる情報誌。それがOxfordインカム・レターです。30ページ前後の最新レポートが毎月届きます。

Oxfordインカム・レターは米国で2013年から英語で発行されている配当投資の月刊誌の日本語版。まだ2019年10月に発売されたばかりですが、順調に定期購読者は増え続けていて、2020年8月末時点で6000人以上になっています。英語版には6万8000人の有料購読者がいます。

分析をメインで担当しているのは、米国人アナリストのマーク・リクテンフェルド氏。金融業界24年目のベテランで、FOXやCNBC、ウォール・ストリート・ジャーナルやBarronsなどの金融系メディアにも出演しています。彼のレポートに、ぼくたち日本チームが編集、解説、再分析を加えてお届けしています。

アナリストのマーク・リクテンフェルド氏

コロナのような出来事があったとき、自分の持っている株はどうすればいいのか?逆に、大きく値上がりしたけどもう売ってしまっていいのか?臨時収入や配当収入が入ったけど、どの株を買い足していけばいいのか?など、毎月タイムリーに情報をお届けしています。

もちろん企業分析した読みが百発百中で当たるわけではありませんし、投資は最終的には自己責任ではありますが、このレポートはあなたの「頼れる投資の情報源」として、投資判断や資産形成の参考になると思いませんか?

他にも毎号、

5GやAIなどで急成長が見込めるテクノロジー企業

エネルギーや金融などの手堅い企業

新薬のヒットが期待されるバイオ企業

などなど、毎月、刺激的な情報があなたの手元に届きます。

30日間の返金保証付きなので安心して試せます

本当に配当年収1,000万円は可能なのか?実際に試すことができます

米国株の高配当投資を使って「配当年収1,000万円」を目指す方法の動画講座。そして、具体的な銘柄情報やタイムリーな相場解説が毎月受け取れるOxfordインカム・レターが1年分。これら全部がセットで、たったの9,800円(税抜)、1ヶ月にするとたったの817円(税抜)です。たったこれだけの投資で、プロの情報を受け取れるのは心強いと思いませんか?

※画像はイメージです。

Oxford Club JapanのWEBサイトでpdfや動画として配信されます。

理由は簡単でアメリカにはこのような優れた個人投資家向けの情報がたくさんありますが、 日本にはまともな情報がほとんどないからです。そのため多くの日本人は、資金の配分やリスク管理の方法。人生に複利を取り入れて資産を作る方法や、配当収入を作る方法など…投資の基本的なことも知りません…

投資の習慣もなければ、家族で投資の話をすることもない…

それどころか、多くの人は投資という言葉に、怖いとかギャンブルだとか、そういったマイナスのイメージを持ってしまっています…

そのため多くの日本人は働いて貯金してそれでも将来が不安…。というような状況になってしまっています。 最悪、一所懸命貯めたお金をよくわからずに、投資話に騙されて損してしまうと…いうようなことも少なくありません…

平成28年度の金融庁の調査レポートによると、アメリカ人の収入のうち1/3は投資等の財産からの所得ということが報告されています。 これは例えば年収900万円の人だとそのうちの300万円が配当などによる収入だということです。

一方の日本人は、ほとんどが労働による収入で、資産のほとんどが貯金…

ぼくたちが米国の金融教育出版社であるOxford Clubと提携したのは、そんな状況に少しでも変化を起こすためです。日本人に優れた投資知識を提供し、金融リテラシーを高めることで、日本人がお金の不安を減らし、明るい将来を描けるように貢献していきたいと思っています…

それがぼくたちがこのサービスをはじめた理由です。

もしかしたらあなたにとっては、馬鹿にされたと感じるような安い価格かもしれません。実際ぼくたちも、価値に対して安すぎるとも思っています。ですがぼくたちには、多くの日本人にレベルの高い投資教育を広めるという事業ミッションがあります。なので、多くの人に手にとってもらいやすい価格設定にしました…

1年後はさらに1年間、Oxfordインカム・レターの購読が同じ価格で更新されますが、必要なければいつでもキャンセルできます。更新前にメールでお知らせが行きますので、安心してください。

それは、僕たちは動画講座やレポートを通じて、あなたが投資判断に役立つ情報をご提供しますが、その情報に基づいて実際に投資するかどうかを決めるのはあくまでもあなた自身だということです…

ぼくたちはあなたが最大の利益を得られるように最大の努力をしています。いい株を選んでくることはもちろんのこと、リスク管理の方法や資金の分散の方法。時間軸の考え方や株式ポートフォリオの組み方など、投資家として成功するための大事な知識も動画で情報提供しています…

ですが、それらの情報を活用して資産を作ったり利益を出しても、逆に、損失を出してしまっても、どちらの場合も自己責任です。 ぼくたちがあなたのかわりに損失を補填することはできません…

ですので、もしあなたがこのことを納得できず、ぼくたちに利益の保証を求めたり、他人に責任を転嫁するようなタイプであれば、お申込みはできません…

ですがあなたがそういったタイプではなく、

自分の判断に責任が持てるタイプなら…

投資で利益を得るだけでなく、自分自身の投資家レベルをあげることに興味があるなら…

明るい将来を描くために、新しいことにチャレンジしてみたいと思うなら…

きっと気に入ってもらえると思います。

是非このページから30日間のお試し購読をしてみてください。今日このページからお試しを申し込むと、30日間、全てのコンテンツを見てその価値を判断することができます。動画講座やレポートを読んでみてください…

それで、儲かるイメージがわかなかったり、将来配当だけで生活できるイメージが描けなければ、30日以内にキャンセルのメールをしてください。メール一本頂ければ、購読はキャンセルして全額を返金します。

つまり内容をじっくり確認してから1年間購読するかどうかを決められるので、今日試すことについてあなたのリスクは一切ありません。さらに購読者ページでは、2019年10月から発行してきたOxfordインカム・レターの全バックナンバーを見ることができますから、過去にどんなものをどんな理由で推奨してきたのか。また、今後1年間購読する価値があるかどうか。あなたの厳しい目でチェックしてみてください。購読を続ける場合は特に何もする必要はありません。来月以降、合計1年間、最新のニュースレターをお届けします…

株価は常に動いています。今日だったら安く買えたものが、明日には大幅に値上がりしてしまうということなんてしょっちゅうです。また、後回しにしていたら、もらえるはずの配当収入だって逃してしまうかもしれません・・・

なので、早めに情報を得て、準備を進めませんか?

インカムレターで紹介されている株が、全部が全部当たるとは約束できません。ですが、プロが毎月厳選した情報は、あなたに気づきを与え、あなたの投資家としてのレベルを引き上げ、あなたの資産形成の役に立つということはお約束できます。

ぜひ、こちらのボタンからお試しください。